代表メッセージ

メディカルホットラインの事業基盤は介護サービス事業から始まりました。

もともと企業として「何がしたいか」ではなく、地域や社会では「何が求められているか」を見出して応えてきた結果が、24時間365日体制の在宅医療の仕組みづくりです。

私たち、メディカルホットラインの仕事は、介護の現場と医療の現場をつなぐ支援業務です。
病院等、医療機関の求人の多くは、医療業務の資格や経験が欠かせませんが、在宅医療に関わる支援業務には特別な資格は要りません。
実際、メディカルホットラインの約9割の社員は医療とは無関係の分野から入社しています。

「他人や社会は何を求めているのか」...その答えは自分の中ではなく、常に私たちの外にあります。
そして答えを見つけるために、できる限り相手の立場に立って考え、
思いやりを持って患者様やご家族様、地域や社会に接していくことが大切だと考えています。

私たちメディカルホットラインは、健康で豊かな地域社会を実現するための「答え」を一緒に探しながら、
共に成長していける仲間を求めています。

代表取締役 高橋大輔